キレイな人こそキレイになるのに正解がないことを知っている

Hair.

何の化粧品を使えばキレイにメイクできますか?

スキンケアは何を使えばお肌はキレイになりますか?

このような疑問は誰しもお持ちで、よく聞かれます。
皆さん、たった1つの正解が欲しいようです。

これを使えば間違いない!なんて化粧品、魅力的ですよね!

私も知りたいです。。

ですが本当にキレイな、何を使っているのか気になる方たちは皆、
そんなたった1つの正解なんてないことを知っています。

化粧品の良し悪しや、自分に合う、合わないといったことは確かにあります。

ですが“キレイになる”ことで言うともっと奥深く、知識が必要です。

今の時代は自分で何でもできる時代。故に発信する人が増え、情報が溢れ返っています。

そんな時代だからこそ、正しい知識が必要です。

ここではメイクとはまた違った、インナービューティーのお話をしていきます。

正しい知識は究極の美です

お肌のお悩みを完全にナシにしてくれる化粧品はありません。

・毛穴に効く化粧品はどれですか?

・くすみが消える化粧品はどれですか?

・クマに効く化粧品はありますか?

・乾燥肌に合う化粧水はどれですか?

冒頭でもお伝えしたように、このように様々な正解を求めている方はとても多いと思います。

化粧品はもちろん優秀なものがたくさんありますし、使い続けることで
お悩みがマシになっていく場合もあります。ただ、また肌が荒れるのなんて簡単。

肝心なのは化粧品はあくまでもプラスαであって
キレイを作るのは体の内側だということです。

まず毛穴。毛穴のお悩みは黒ずみや開きや詰まり。

毛穴のお悩みは特に化粧品じゃ中々解決できないことが多いです。

まず毛穴のお悩みの原因ですが、
・清潔なクレンジングができていない
・スキンケア不足
・過剰な皮脂分泌
・紫外線
・睡眠不足
・加齢
などです。

次にくすみ。顔色が悪い、透明感がない。

このようなくすみの原因は、
・ターンオーバーの速度の低下
・睡眠不足
・冷え
・体の中の水分不足(普段あまり水分を取らない)
・スキンケア不足
などです。

次にクマ。

クマを消すコンシーラーなどの化粧品は様々ありますが、
その原因については知らない方がほとんどです。

クマなんて隠すより無くす方が絶対いい。

原因は
・冷え
・睡眠不足
・アイメイクのクレンジング不足による色素沈着
などです。

次に乾燥。

乾燥のお悩みはほとんどの方がお持ちだと思います。

原因は

・体の中の水分不足
・スキンケア不足
・空気の乾燥
・熱すぎるお湯の使いすぎ
・偏った食生活
などです。

持っていると安心だったり、即効性のある化粧品ももちろんあると思います。

ただ美を突き詰めれば突き詰める程、体の中のことに目が行くようになり、
健康的な生活なしでは美しくなれないことに気が付きます。

バランスの取れた食事や、たっぷりの睡眠、適度な運動、ストレスを発散する習慣。

これだけをやっていれば、、これを使えば、、なんて1つの答えはないのです。

でも、それができないから化粧品とかに頼りたくなるねん!!(心の声)

出来ることからはじめてみましょう!

分かってはいるけど中々できない、毎日の習慣がやっぱりあります。
生活や習慣を変えるのはかなり大変なことだと思います。
なので一気にかえようとはせず、簡単にできることから始めて、
毎日の習慣に取り込んで行きましょう!
(私もこれを打ちながら自分の不健康な習慣を少しでも変えようと言い聞かせています。笑)

①お風呂に浸かる

忙しいとシャワーで済ませてしまう。なんて方はとても多いと思います。
1人暮らしだとお風呂掃除とか面倒すぎ!なんてお気持ちは全力で共感します。
でも週に2回、15分でもいいからお風呂に浸かってみて下さい。
冷えも少しは改善して行くでしょうし、血行が良くなりむくみも取れます。
冷えが改善して行くとくすみやクマも改善されます。
血行が良くなると体がドッと重い疲れ方も変わったり、顔色も良くなります。
お風呂に浸かることはいいこと尽くしです。
なによりおふろに浸かった満足感と、疲れてるのにそれができた自分に気分も上がります。笑

②バランスのいい食事を意識する

これは正直、難しいですし中々習慣にするにはハードルが高いです。
ですが食事はやっぱり健康や美に関して切っても切れない存在です。
カロリーを気にして野菜ばっかり食べていればいい訳でもなく、
韓国人みたいに辛い物をたくさん食べてたら美肌になれるのかと言うとそうでもない。
日々の食事で気をつけるべきことは偏りすぎないこと。
これも週に3日くらいは自炊にして、作る元気がないときはコンビニでも全然いいです。
そのときに選ぶものを偏りすぎないように気をつけます。
おにぎり、パン、パスタ、、だけにするのではなく、
野菜、お漬物、スープ、ゆで卵、今流行りのサラダチキン、お惣菜の切り干し大根や煮物がオススメです。
これもできる範囲で初めて、少しずつでも習慣にできると最高です。

③良質な睡眠をとる

睡眠不足はもちろん、たっぷり寝ても疲れてる。なんて方も多いようです。
理想の睡眠時間は8時間と言われていますが、そんな規則正しい生活は中々難しいですよね。。
睡眠時間が4時間でも3時間でも、爆睡できていて疲れが取れていることが重要です。
良質な睡眠を摂るにはやっぱりポイントがあります。

1つは寝る3時間前までに食事を終わらせる。
寝ているときに消化吸収が行われていると、眠っていても体は消化吸収に集中することになってしまいます。
おなかいっぱいで寝るのは最高ですが、起きたときにすっきりせず、
なんだかぐっすり寝た気がしない、体も重い状態になります。
なのでなるべく寝る3時間前までに食事を終わらせてから寝ましょう。

もう1つは寝る前にリラックスした状態を作る。
寝る前までテレビやスマホを見ている方はかなり多いと思いますが、
これはかなりNG。テレビやスマホから出ている光はブルーライトという
エネルギーがかなり強いもので、脳を覚醒させてしまいます。
そこから脳が睡眠状態に行くまでの時間差や、目の疲れから朝の目覚めが悪いことに繋がります。
寝る前の入浴やストレッチはリラックス効果があり、ぐっすり眠るのに効果的です。

『できることをできるときに』が合言葉です。

まとめ

いかがですか?
簡単なことでも中々、、と言うのが本音ですが、
キレイになるのは1日2日では不可能。1日1日を丁寧に生活することが大切です。

まずはできそうなことから、出来る範囲で実践してみて下さい。
メイクでキレイになるのは簡単ですが、本当にキレイな方はもっと大事なことに目を向けています。

健康志向な時代にあやかって、自分の生活や習慣に目を向けるときっともっとキレイになります!!
私もこの記事を書いて、怠けていた日々に喝を入れたいと思います。。笑

mika

51 views

若干20歳から美容室、ヘアメイクサロンにて様々なヘアメイクを学ぶ。 年間約6,000人に携わり作り上げてきた独自のセンスや、確かなテクニックに定評あり。ヘア...

プロフィール

ピックアップ記事

関連記事一覧